販促とは?

販促とは?

2016・02・03


コトバンクなどの用語紹介サイトによると…

販促は販売促進の略である。Sales Promotion セールスプロモーションとも言う。
広い意味では、広告活動から営業活動まで含めた販売促進に関するあらゆる活動を表し、
狭い意味では販売活動を補足・協力してより効果的にそれらを行うための施策のことを表します。

世間一般では、主に「販促」というと、キャンペーンやセールなど、
消費者の購買を促進するために行うイベントそのもののことを言いますね。

さらに販促「品」や販促「物」となると、
そういったキャンペーンなどの際に配布されるノベルティなどを指すことが多いと思います。

販促という活動自体は非常に幅広い範囲の活動を意味するので
販促という言葉を意識せずとも、普段の仕事でそうした業務を行っている方も多いのではないでしょうか?

弊社ではこの「販促」に特化したサービスの提供を行っております。

日々変わっていく「販促」

ITの進歩のおかげで、消費者が体験できる商品やサービスの種類は日々増え続けております。
消費者が求めるものも、単に「良い商品」であるだけでなく、
「良い体験」ができる商品やサービスであることが重要となってきております。

そういった消費者のニーズを的確にとらえていくために、販促における表現手法やアプローチ手法も、日々進化しております。

したがって「販促」という言葉の意味自体は上記の通り、
「消費者の購買活動を促進していくための施策」であることに変わりありませんが、

では「どのように」「何を用いて」販促を行うか、
販促を行うといった場合の具体的な施策の内容や流行は変化していきます。

常にニーズや流行をキャッチし購買につながるための最適な施策を行っていくこと

それこそが本当の意味で「販促」という言葉の意味するところになるのかもしれません。

根本的には変わらない販促の基本?

よく5W2Hなどと言われますが、
目的、タイミング、ターゲット、シチュエーションや場所、規模や費用。
これらの点について、的確に設定と判断を行い、どのようなプロモーションを行うのか。
消費者の行動や体験が多様化しようとも、根本的な販促の基本は変わらないようにも思えます。

それぞれの販促分野に特化することも

とはいえ、多様化し複雑化した消費者の行動や体験。
上記の5W2Hを想定し設定していくこと、それ自体の難易度が高くなっていることは事実だと思います。

テレビや雑誌などのマス広告や、WEBの広告、SNS、Youtube、
店舗などの装飾、キャラクターを使用したイメージ広告、、、

手法やツールは多岐にわたっており、これらすべての「販促」について精通することは難しくなっていると思います。

マス広告にはマス広告の、WEBにはWEBの、SNSにはSNS、動画には動画の。
それぞれの販促分野における知識や技術は膨大なものとなります。
そのため、各分野においてそれを実行できるプレイヤーも多種多様となっております。

企業の販促担当者として

もし、企業の販促担当として、自社の販促を担うこととなったら、

・そもそも世の中にどのような販促の手法が存在するのか。
・自社の製品やサービスを求めるターゲットに訴求するために本当に最適な販促は何なのか。
・それぞれの販促を実行するには、どういったプレイヤーと費用やツールが必要なのか。

それらを全て考慮し把握した上で、販促の施策を執り行っていくことが必要となるでしょう。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

SPinnoに所属してます。 主にWEB上の作業を担当しているWEB要員です。 (´・ω・`)写真は3年前のもので、現在はもっと肥えています

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ