国内No.1の販促クラウドサービス

導入成功事例

株式会社三城

株式会社三城

多店舗(専門店)

店舗数500以上
従業員数1,000名~

全国800店舗以上、眼鏡専門店チェーン。
『お一人おひとりにお合わせする』展開を。

店舗数が多く、
顧客に合わせた販促が
実施できない

現場起点の販促と
デザインの統制を両立!

顧客に合わせた販促物が
製作可能に!

課題店舗数が多く、顧客に合わせた販促が実施できない

店舗数が多く、本部が主導の販促がスタンダードになっていた。
店舗からの要望も叶えたいが、一つひとつに対応するには莫大な時間と
コストがかかるため断念せざるを得なかった。

目的現場起点の販促とデザインの統制を両立!

販促物のデザインを店舗で編集できるようにすることで、各店舗の顧客に 合った販促展開ができ、また本部では一部店舗に委任することで業務の 負担が軽減した。全体的なデザインの統制をとりつつ現場に合った 販促物を訴求することでより良いサービスの向上へとつながった。

株式会社 ナムコ

株式会社 ナムコ

多店舗(アミューズメント)

店舗数200以上
従業員数1,000名~

直営店舗、全国256店舗のアミューズメント施設を運営。
超ニッチな企画提案が必要な、難易度の高い販促。

店舗毎の販促費が
ふくれあがっている!

販促コストの見える化による
全体のコントロール

販促費用の可視化によって
コスト削減

業務フローをクラウド上に集約

課題店舗数が多く、顧客に合わせた販促が実施できない

『縁日セット』のような幅広い世代に適応できる販促物では響かなく なっているため店舗ごとに販促活動を行っており、それに加えて 英語・中国語・韓国語などの多言語バージョンも作成していた。 そのため、販促物の種類が雪だるま式に増え管理することが必要だった。

目的販促コストの見える化による全体のコントロール

各店の担当者が自店でかかっている販促コスト、全体でかかっている 販促コストをみることで、自ずとコストコントロールに意識を向けられる ようになった。その結果、年間で見た時に想像以上に大きなコストカット になった。また、全店に対しての販促物をパッケージで、リアルタイムに 提案できるようになり、非常に便利になった。

ワタベウェディング株式会社

ワタベウェディング株式会社

多店舗(ブライダル)

店舗数~50
従業員数100名~

国内78拠点、海外32拠点、リゾート挙式サービス。自社システムからの乗り換え。

自社開発したシステムの
課題を解決したい!

膨大な画像データを管理
できるクラウドシステムの
リプレイス

機能改善と
システム費用の低減

バラバラだった画像データ管理を用意に

課題自社開発したシステムの課題を解決したい!

自社で販促の制作物を作るシステムを開発して使用していた。 しかし、かなり年数もたっておりシステム改修のための費用面など 継続的に必要となるコストが大きくなっていた。 そのため、他に販促物を制作したり管理できるシステムを探していた。

目的販促コストの見える化による全体のコントロール

チラシ等のテンプレートをアップし、各店ごとにアレンジして印刷発注 するという活用方法が一つ。 また、画像データを保管し、随時ダウンロードできるという前のシステム にはなかった機能がかなり役に立っている。 大量の画像データの保管に悩んでいたが、システム上で保管することに よって画像データのダウンロードがしやすくなった。

ホーユー株式会社

ホーユー株式会社

メーカー(化粧品)

従業員数500名~
海外拠点9か国

創業100年以上の髪化粧品の専業メーカー。約70カ国へ製品を提供。

販促物の在庫ロスが多い!

印刷・物流の両面で
大きなコストカットに!

半期で約28%の
コストカットを実現!

大量印刷と小ロット印刷

課題販促物の在庫ロスが多い!

各支店から販促物に関する要望数を吸い上げ、それをもとに販促物を 製作して出来上がったものを各支店に在庫させていた。 各流通業者からの引き合いが想定以上だった場合は、依頼されたものを 作っても足りないと言われたが、実際は必要な数量以上のものを作って しまうことがザラにあった。

目的印刷・物流の両面で大きなコストカットに!

SPinnoを導入し、一定の印刷品質をクリアしたものを必要数だけ 制作できるようになった事で、印刷コストも物流コストも大きく無駄を 減らすことができた。 また、在庫を持つリスクがなくなったことでブランド担当者がコストを 気にせず販促物を製作できるようになった。

株式会社シャトレーゼ

株式会社シャトレーゼ

多店舗(メーカー)

店舗数400以上~
従業員数1,000名~

洋菓子、和菓子、パン、飲料などの製造、および海外、国内で450店舗以上のFC展開。

販促物に莫大なコストが
かかっている!

現場の販促活動を
見える化し
本部でコントロールを行う

最適化された現場販促物の
コスト削減

課題販促物に莫大なコストがかかっている!

販促本部で企画した販促物を各店舗に送っていた。 また海外店舗などでデータを送って現地の印刷会社を通したり、 国内で製作して海外に送るなど製作フローが整っておらず煩雑に なっていた。どちらも本部主導で行っていることから現場で正しい 販促活動が行われているかわからずに莫大なコストがかかっていた。

目的フローを統一し、現場の声を活かした販促展開

今まで煩雑になっていたフローをシステム化することで業務効率化ができ、 また現場の声を活かしながらも本部のコントロールが行き届くことで 販促物の統制もとれた。 現場に適した販促活動ができるようになって無駄な製作が減り、 円滑な運用が可能となった。

株式会社ワンダーコーポレーション

株式会社ワンダーコーポレーション

多店舗(ゲームソフト、映像、本)

店舗数200以上~
従業員数2,000名~

総店舗数316店のリユース事業。販促物の制作にかかる時間を削減し効率化。

個店依頼が多く、
対応が追いつかない!

フローを統一し、現場の
声を活かした販促展開

細やかな店舗要望が
実現可能に!

課題個店依頼が多く、対応が追いつかない!

販促本部では個店からの要望をなるべく叶えるべく、 エリアマネージャーの承認後販促本部が製作をするというフローを 組んでいた。販促業務ではメールや電話などのアナログなやり取りが 多く、個店対応をするには一連の制作フローでは多大な時間が かかっていた。

目的フローを統一し、現場の声を活かした販促展開

店舗情報や日付を替えるような細やかな部分は店舗に一任し、画像の 差し替えなどもある程度の制限をかけて店舗で行えるようにした。 今まで数多くあったデザイン修正などが緩和されその分、 店舗からのデザイン制作の要望に応えらえるようになった。