必ず知っておきたい、企画書づくりに役に立つパワーポイントの小技 | 販促物をラクラク管理 SPinno

必ず知っておきたい、企画書づくりに役に立つパワーポイントの小技

2016・07・30

こんにちは、それ販の窪です。

パワーポイントってエクセルと違って関数を覚えたりする必要はないのですが、なんとなく使えるけど少し配置がずれてたり、なんか見にくいなーとか思ったことありませんか?

本日はここを最低限抑えておけば、パワーポイントをストレスなく使いこなせる小技を紹介します。

1,とりあえずパワポ開いたらグリッド・ガイドを表示

グリッド・ガイド・ルーラーを表示させることで、画面上に薄っすらと線が表示されるようになります。
この薄っすら線が非常に便利で、例えばテキストボックスや図形を綺麗に並べたいというときにとても便利ですのでぜひ活用してみてください。

どうやって表示させるかというと、バージョンにもよりますが画面の図形やテキストの無いところで右クリックすると出てきますので使ってみてください。

キャプチャa

 

2,図形の比率を等倍で拡大・縮小したい!

パワポで図形を挿入したけど、普通に角を引っ張って伸ばすと縦横の比率が変わってしまいますよね。
そこで活躍するのがシフトキー(shift)!!図形を伸ばすときにシフトキーを押しながら図形を伸ばすと、等倍のまま拡大・縮小が可能となります。

 

3、テキストは文字の行間を開けると見やすいよ

意外と使わないのがこの機能!!パワポは見る人が読みやすく作らなければなりません。その時に便利なのが「テキストの行間設定」実際に行間をあけたものとあけていないものがこちら↓

明らか空けたほうが読みやすいですよね。一行で終わるテキストならばよいですが、長文になったときは行間を開けることで見やすい資料が作れるでしょう

スライド2

明らか空けたほうが読みやすいですよね。一行で終わるテキストならばよいですが、長文になったときは行間を開けることで見やすい資料が作れるでしょう。

4、とりあえずフォントテーマはメイリオにしとけ!!

文字のフォントはすごく悩みますよね。硬すぎるのもあれだし・・・子供っぽくなるのも嫌だなというときに登場するのがメイリオというフォントです。このフォントは標準で入っているフォントの中でも、硬さを崩さずに読みやすいフォントのテーマになります。テキストを太字(ボールド)にしたいときに強弱がつきやすいので、強調部分が見やすくなります。あるのがプレゼンテーション1
迷ったらメイリオにしておけば、間違いありません!!

 

5,上書き保存はCtrl+Sでこまめに

あ名称未設定 1

保存していないけど、PCが固まっちゃった・・・なんてことありませんか?これでデータが消えてしまった人もかなりいるると思います。そんなときはCtrl+Sです。このコマンドですぐに上書き保存をすることができます。トイレにいく前、調べ物に入る前、休憩にいく前、常にCtrl+Sをスマートに押して保存しましょう。

同じものを作りなおすと悲劇を起こさないためにも、こまめに保存は社会人としての常識です。

 

今回いくつかパワーポイントの小技を紹介しましたが、お役に立てましたでしょうか?
会社で使うツールはいろいろありますが、ワード・エクセル・パワポはどこの会社でも使うツールだと思いますので、
効率化しながらもきれいな資料作りができるよう、時間があるとき勉強しておくと便利ですね!!

 


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している