販促における「承認・申請」でよくある問題

2022・02・18

販促業務のDX推進の支援をさせていただく中で、お客様の現状をヒアリングさせていただいていると、販促業務について特有の問題が浮かび上がってきます。

商品やサービスの売上向上のために店舗や現場で使用される販促物ですが、その制作や利用の際に、費用管理やデザイン確認のため、上長や本部等への申請や承認が必要という企業様も多いかと思います。しかしこの<申請・承認>のステップが、業務フローを面倒で複雑にしてしまっている、、というお声をよく聞きます。

そんな「承認・申請」によくある問題をまとめてみました。

  1. 申請フォームはエクセルで用意しているが、都度一から入力や手書き。面倒だし、記載漏れや入力ミスも発生し、内容確認の問い合わせに手間がかかる。
  2. スケジュール的に猶予がなく急いでいるのに、申請の進捗がわからない。誰が承認を止めている?いつになったら本部のOKが出るの?といったケース。
  3. 上長と顔を合わせる時間が少なく、承認をもらうタイミングが難しい
  4. 書面に押印、というアナログな処理がまだ必要。さらに書類管理や保管場所確保など面倒なことが多く、リモートワークも難しい。
  5. 現場からの申請が電話・FAX・メールでバラバラにくるため、情報が分散。ミスやトラブルが発生しやすく、その対応も担当者に依存している状態。
  6. 今月の全体や部署別での申請件数、進捗状況や費用管理が難しく、集計作業などに時間がかかりすぎる。
  7. 店舗や現場、取引先など多方面から問い合わせが多く、本来の業務に集中できない。

いかがでしたでしょうか?

上記のような問題、課題が思い当たる方は、ぜひ販促クラウドのSPinnoまでご相談ください。

SPinno お問い合わせはコチラ

販促の業務についてお役立ち資料!

詳しく話を聞きたい

サービスについて詳しく知りたい

ご一緒にSPinno体験を
はじめていきましょう

SPinnoの詳細がわかる資料をお配りしています

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください

03-4405-0898
平日:10:00~18:00