意外と忘れる!? 販売促進費 とは?

11/22(木)なるほど!POPデザイン基礎講座 @東京

意外と忘れる!? 販売促進費 とは?

2016・04・11


みなさんの会社では販売促進にかかる様々な費用、どれが本当の販売促進費か、 その内容やボリュームを把握できていますか?

今回はそんな『販売促進費』について整理していきたいと思います。

まず、販売促進費とは:一般的に商品やサービスの販売を促進するために使われた費用のことを指します。 会計上では販売費及び一般管理費(販管費)に含まれています。

いくつか気になる点をPICKUPしてみましょう。

広告宣伝費とは違うの?

テレビや新聞などの広告枠を購入し販促活動をする場合の費用は 広告宣伝費としている企業が多いかと思います。 また広告宣伝費は会計上は固定費として計上されます。 しかし売上量の変化に関わるので販売促進費は変動費として計上されます。

広告宣伝費とは、事業の広告を作ったり宣伝にかかる費用のことを指します。 基本的に広告宣伝費の消費税区分は「課税」です。 販促のためのポスターやチラシ・カタログ等の印刷物、 看板、試供品やティッシュのサンプリング、ダイレクトメール、 テレビ、ラジオ、インターネット広告などにかける費用などがこれにあたります。

参照:広告宣伝費とは?消費税区分や接待交際費との違いなど – 個人事業主メモ

交際費って販売促進費に含まれる?

販売促進費(広告宣伝費)と一緒にされやすい交際費については、国税庁が 下記のように定めています。

交際費等とは、得意先や仕入先その他事業に関係のある者に対する接待、 供応、慰安、贈答などの行為のために支出する費用をいいます。

参照:No.5260 交際費等と広告宣伝費との区分|法人税|国税庁

カレンダー、手帳、手ぬぐいなどを贈与するために通常要する費用などは 販売促進費(広告宣伝費)となります。

何が販売促進費にあたるのか?

  • ● 実演販売に要した費用(レンタル器具・売り子さんの日当)
  • ● 消費者プレゼントや景品の製造・発送に要した費用
  • ● 無料サンプルの製作費用
  • ● お店に取り付ける POP
  • ● 特定時間に割引するクーポンなど
  • ● 販売手数料
  • ● 販売奨励金

上記のようなものが販売促進費に該当します。

販売促進費の補助制度がある

スタートアップ企業や個人事業主が商品やサービスの販売促進をしたいけれど、
お金がないという方のために、『小規模事業者持続化補助金』というものがあります。

簡単にまとめると

  • ● 広告宣伝(広報費)
  • ● 集客力を高めるための店舗改装(外注費)
  • ● 展示会・商談会への出展(展示会等出展費)
  • ● 商品パッケージや包装紙・ラッピングの変更(開発費)

などに使用した経費について、上限 50 万円まで補助しますという制度になります。
※もちろん対象者、対象経費、様々な制度適用条件があります。

スタートアップで魅力的なサービスを持っている場合はぜひ利用したいですね。

今回販売促進費についてまとめましたが、
皆さんが日々使っていたり、報告していたりするお金は何費だったでしょうか?

販売促進費はなかなか把握できていないという企業様もいらっしゃると思いますので、これを機に身近なところや、一人ひとりにかかっている販売促進費などから少しづつ整理してみてはいかがでしょう。

販促担当者様へ
販促の業務効率化・マネジメントのために
事例・資料のダウンロード

煩雑になりがちな販促の業務の効率化やフローの整理、
コンプライアンスの整備など、販売促進を行う企業様にとって課題は山積みです。
実際に弊社のクラウドサービスを導入いただいた事例をはじめ、
販促の役に立つ資料を無料で公開しております。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

販売促進部
販売促進部です。 販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

『販促クラウド』
導入事例・資料は
こちら

資料一覧

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ