覚えていると便利!エクセルで簡単見やすいグラフの作り方

覚えていると便利!エクセルで簡単見やすいグラフの作り方

2016・07・25


売上の管理や、在庫の管理、数字だけだとわかりづらくないですか?
パッと見で把握、簡単混合グラフの作成の仕方をご紹介します。

売上げのグラフを作ってみる

一例として、4~6月の3か月間、果物を販売した売り上げ表があるとします。

img

この売上げ表から月別の売上グラフを棒グラフと折れ線グラフで作成します。

img2

これではまだわかりづらいですね。

まずは、、

①折れ線グラフを追加する前に棒グラフ上を右クリックします。

②「データの選択」「行/列の切り替え」をクリックし、横(項目)軸ラベルに月がくるようにします。

img3

 

img4

月別での売上グラフができました。
そしてここに折れ線グラフを追加します。

棒グラフを右クリックし、「系列グラフの種類の変更」を選択します。

img5

するとこのような項目が出てくるので、変更したい数値を折れ線で選択し第2軸にチェックをいれます。

img6

完成!

縦軸の左の数値がりんご、みかん、ぶどうの売上、右の数値が売上合計を指しています。

数字だけでは分かりづらかったことがグラフにするだけでこんなに見やすくなります。

月別の比較や売上推移など分かりやすくなるので、今まででは分からなかった問題やこれからの課題など新しい発見があるかもしれませんね。

SPinnoでマーケティングを担当しています。
データの集計・整理やメルマガを中心に行っています。

販促業務を支援するためのクラウドサービス「SPinno」

こんなことはありませんか?

  • 販促物の在庫ロス が発生している

  • 業務フローが非効率で 労務環境が悪化している

  • デザインデータの 共有・管理ができない

  • 販促予算・コストの 把握がしづらい

  • 現場主導の販促活動は コンプライアンス管理が不安

費財メーカー・流通小売・多店舗展開企業など、
幅広くご導入いただいております

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している