販促物の原価を削減する3つの方法

販促物の原価を削減する3つの方法

2017・08・16

取りあえず制作する販促物は「無駄遣い」

販促物とは、商品やサービスなど「売りたいモノ」「知って欲しいモノ」
ユーザーをリーチさせるためのアイテムを指します。

本来であれば、すべての販促物には「意味」があり、売上へ繋げるためのフローがあります。

ですが世の中には何も考えられずに作られた販促物もあります。
そのような販促物は「無駄」以外の何物でもありません。

販促物にいくら使ってますか?

売上へ繋げるための販促物は、内製も外注も同じように当然0円ではなく原価が発生していますよね。

各業種・業界の売上げに対する広告宣伝費の割合は、業種によってその割合は大きく異なり、

おおよそ、

外食・関連サービス 5%
化粧品・健康食品 10%
通販・サービス業 15%~20%
流通業 1%~3%
飲料業界 5%

と言われていますが、
販促物はそのままで、この販促物の原価が下げればその分利益が増えることになります。
それを月ベース・年間ベースで考えてみると・・・大きな額になります。

このページにたどり着いたということは、削減するための方法をお探しではないかと・・・。

販促原価を削減するには

主に3つの方法があります。

①●●●と●●●交渉し●●●値を下げる

→ ここで一番重要なのは「情報を得る」ことです。ではどのようにして情報を得るのか?

②▲▲▲▲会社の開拓

→ 注意点がいくつかあり、それを知っていないと・・・。

③■■■■■と交渉

→ この方法が最も有効な場合があります。
弊社ではこれで粗利を落とすことなく約1000万のコスト削減を実現しました。

伏字になっているところ、気になりますよね・・・?
伏字にしている内容や、販促原価の具体的な方法やメリット・デメリット・注意点などは、
弊社セミナーで詳しくお話いたします。
参加費は無料ですので、ぜひお気軽にご参加下さい。

皆様にお会いできることを、心より楽しみにしております!


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している