私はアイスを食べたい!(真冬)実はアイスが売れる冬 | 販促物をラクラク管理 SPinno

私はアイスを食べたい!(真冬)実はアイスが売れる冬

2016・12・20

「アイスクリーム」という言葉について、
皆さんは何を連想するでしょうか。

「夏」を連想した方、ご存知でしたでしょうか。
近年アイスと言えば「冬」なのですよ、ふふふ。

「冬アイス」が定番になってきている

TBS系列の人気番組『マツコの知らない世界』にて紹介されたことをきっかけに、
2016年頭から「冬アイス」が定番化しているそうです。

大手アイスクリームメーカーの森永乳業では、
この件についてアンケートを実施。

「冬アイス定着!冬でもアイスを食べたい人が98.4%!!」

という結果が出ているそうです。

※詳しくはこちら

実はアイスは冬の方がお似合い

アイスは冷たいから、夏に食べるよね、
という固定概念、根拠はないですよね。

実は夏より冬の方がアイス向きなのかもしれない、
と思うデータがあります。

人がアイスを食べたいと思う気温は大体25℃で、
22~23℃を超えるとアイスの売れ行きが伸びるといわれています。

アイスが一番おいしい気温は、脳が一番働く気温だった!?
脳がもっとも活発に働く温度と、アイスクリームがもっとも美味しく感じられる温度には共通点があった!? 真夏の「職場おやつ」を楽しむために欠かせない「25℃」にまつわ...

一年の中で、22~25℃になる日はそう多くありません。

%e7%84%a1%e9%a1%8c

東京 2016年(月ごとの値) 詳細(気温・蒸気圧・湿度)/ 気象庁

これは今年の東京の月ごとの気温データですが、
平均が22~25℃になる月は6月と9月のふた月しかありません。

一方、気温から室温に目を向けてみましょう。

夏場のオフィスの推奨温度は28℃設定で、
アイスの適温より暖かめですね。

クールビズ|COOLBIZ|COOL CHOICE 未来のために、いま選ぼう。
今年も環境省では、オフィスや家庭での冷房時に室温28℃でも快適に過ごすことができる工夫「クールビズ」を推進します。

一方冬場のオフィスの推奨温度は20℃前後で、
アイスの適温に近いです。

ウォームビズ(WARMBIZ)
過剰な暖房を抑制し、室温20℃でも快適に過ごせるライフスタイル「ウォームビズ」。暮らしの中で私たちにできる衣食住の小さな工夫はたくさんあります。

冬の「大人向けアイス」が新しい需要に。

テレビで取り上げたことでブームになり、
上記のような環境が加勢して、
現在の冬アイスブームがなりたっていることをご説明しました。

夏のアイスと言えば、子供の食べ物というイメージもありますが、
対して冬のアイスは大人の食べ物。

冬アイス:フフフ…子供に分からぬ「大人の味」でブーム - 毎日新聞
冬向けに「濃厚でちょっとリッチ」 多彩な商品が続々投入  寒い季節に暖かな部屋で冷たいアイスクリームを楽しむ「冬アイス」がブームになっている。食品メーカーやコ...

寒い冬に、暖かい部屋で食べるアイスの格別さが売りです。

このような市場の把握とニーズ設定の結果、
隠れた需要を市場に拡大し、
アイスクリームの市場は前年よりも売上が好調です。

まとめ

突発的なブームをいかに定着させるか、
また、第二の市場をいかにして見つけるか、
「冬アイス」の流行にはそのノウハウがたくさん隠れているように感じました。

 


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している