意外と知られていない?!印象に残りやすい名刺について | 販促物をラクラク管理 SPinno

意外と知られていない?!印象に残りやすい名刺について

2016・11・15

名刺交換は社会人になってから
初めに学ぶマナーの1つですよね。

しかし、名刺は単なる社交辞令や、情報交換ツールではありません。

名刺は名前を覚えてもらうための販促物です!

皆さんがご存知の通り名刺は十人十色で、
シンプルなものから派手なものまで様々です。

もちろん、名刺に書かれている肩書きやデザインなど、
インパクトがあれば相手に自分のことを覚えてもらえます。

そこで!
今回は「意外と知られていない?!印象に残りやすい名刺について」
ご紹介します。

■名刺の歴史

ビジネスにおいて挨拶を行う際、
まず初めに名刺を渡すというこの文化は、
いつから始まったのでしょうか?

色々な説があるとされていますが、
古代の名刺の原型は中国の248年に没したとされる
三国時代の武将・朱然の墓から発見されたそうです。

当時は紙ではなく、竹を割って作られ、
そこに自分の名前を書いて使っていました。

この竹のことを『刺』と呼んでおり、
名前の書かれた『刺』ということで、『名刺』と呼ばれるようになった…
というのが、名刺のはじまりのようです。

実は、日本で名刺が初めて使われたのは
19世紀初期の江戸時代で、中国と比較すると
1000年以上遅れていたということになります。

日本では中国とは違い、
墨で名前を書いた和紙を、訪問先が不在だった際に置いてくる
という使い方をしていました。

その後幕末~明治時代へと時が流れ、
印刷技術が活発になりました。

そのころから、
家紋と名前が入った名刺が
社交の場において使われるようになったのです。

今では日本の方が中国よりも名刺を使用しているそうです。

参考
sansan株式会社 『名刺はいつから、どこで使われ始めたの?【名刺の起源】』
http://jp.corp-sansan.com/news/2014/140331_4180.html

■印象に残りやすい名刺とは?

名刺の歴史を学んだところで、
自分の名刺を振り返ってみましょう。

相手の印象に残るために、
名刺に工夫をしていますか?

印象に残りやすい名刺のポイントをまとめてみました。

・文字が大きい

文字が小さいと読みにくい、読む気がしなくなる、
せっかくの名前などの情報が頭に入ってこない。

「情報をたくさん盛り込みたい」と意識し過ぎるあまりに、
文字が小さくなるより、

大きな文字で書かれたキャッチコピーなど
誰が見てもわかりやすい名刺が良いでしょう。

・顔写真が掲載されている

似顔絵や、顔写真を掲載している名刺を時々見かけます。

普段付き合いのある方ならまだしも、
数か月前に挨拶した方だと記憶も曖昧ですよね。

人間の記憶や情報は視覚によるものが
大きな割合を占めていると言われています。

顔写真付きの名刺であれば、
後で見返した際に、
初めの打ち合わせでどんな話をしたか、など
思い出しやすくなるかも知れません。

・趣味、出身などのプロフィールが書かれている

よりパーソナルな情報を知ってもらうことで、
相手に親しみやすさが生まれやすくなります。

以前私が交換した名刺には、
生まれてから幼少期、
そして学生時代などのエピソードが記載されていました。

営業の際のちょっとしたアイスブレイクのネタにもなりそうです。

・裏面まで活用している

名刺の裏面も意外と相手には見られています。

表にこだわりすぎて裏面はシンプル…といったことはありませんか?

また名刺の裏面に、
「買い物の際に、こちらの名刺をご提示いただくと○%引き!」といった
販促らしいことにも活用できます。

■紙だけじゃない?変わった名刺

名刺=四角い紙、はもう古い!名刺は様々な素材で形も四角だけではありません。
これまでにないようなインパクトの強い名刺をご紹介します。

組み立てる名刺

img1
出典:design-studio-f.com

『Tok&Stok』というブラジルの家具メーカーが作った名刺です。
名刺だけでなく、組み立てられるミニチュアの家具なども作っています。

植物の種いり名刺

img2

出典:designwork-s.com

植物の種が入った名刺です。
環境問題を意識した、ギミックというかおまけ?ですね。

風船の名刺

img3

出典:SEOJapan

他にも、

組み立てられる名刺や、スケルトンタイプの名刺

そして中には、
ビスケットやチョコなどの食べられる名刺もあるようです。

斬新ですね(笑)

ただ変わっているというだけでなく、
自社サービスに沿って制作された名刺であれば、

会社名だけでなく
事業内容まで覚えてもらえる仕掛けとなるでしょう。

■まとめ

いかがでしたでしょうか。

私は紙以外の名刺を、まだもらったことがないのですが、

もしビスケットやチョコで出来た名刺を頂いたりしたら
絶対にその人(会社)のことを忘れないと思います(笑)


販促業務のデータ管理やDXについて知りたい方へ

販促業務におけるDX、データ管理の見直し、整備、業務の効率化などに効果のある、販促クラウドSPinnoについての資料や実績の資料を下記フォームよりダウンロードいただけます!お気軽にご利用下さい。

ご一緒にSPinno体験を
はじめていきましょう

SPinnoの詳細がわかる資料をお配りしています

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください

03-4405-0890
平日:10:00~18:00