脱・知ったかぶり!AR・VR・MR何が違う?

脱・知ったかぶり!AR・VR・MR何が違う?

2016・08・29


このブログ内では、「AR」や「VR」の記事を多数扱ってまいりました。
ところで、以前に友人(情報強者)とポケモンGOで遊んでいた時のこと。

私 「凄いよねーVRって、ゲームの世界が現実になっちゃうねー!」
友人 「ポケモンGOはVRと違うんじゃない。ARだろ。」
私 「・・・。(照)」

皆さんがそんなお恥ずかしい事態に陥らぬよう、
分かり易さにとことんこだわって解説致します!

訳せば分かる

まずは、言葉の意味をご説明しますね。

「 AR 」=「 Augmented Reality 」=「 拡張現実 」
「 VR 」=「 Virtual Reality 」=「 仮想現実 」

それから、聞いたことがないかもしれませんが、この二つを混ぜたものもあります。

「 MR 」=「 Mixed Reality 」=「 複合現実 」

これだけでもぼんやり違いが分かる気がします。
「拡張」してたらAR、「仮想」だったらVRですね。

どっちが基準かということ

簡単に言うと、ARとVRの違いは、
「現実」と「非現実」どちらが基準か、ということです。

AR

ARは「拡張現実」ですから、「拡張した現実」です。

つまり、今自分の目に見えている世界を基にして、
そこにない情報をつけ足す技術が「AR技術」です。

ポケモンGOは現実の風景の中にポケモンを出現させるので、ARですね!

『Pokémon GO』公式サイト
『Pokémon GO』は、位置情報を活用することにより、現実世界そのものを舞台として、ポケモンを捕まえたり、交換したり、バトルしたりするといった体験をすることのでき...

オリンピックの閉会式での演出も、競技場内に立体映像を出現させるので、ARです。

【NHKリオ】2020へ期待高まる!トーキョーショー/NHK

VR

VRは「仮想現実」。
基になるのは、「現実ではない世界」です。

つまり、CG等の映像技術を使って、
現実ではない世界の中にいるような錯覚を作り出すのが「VR技術」です。

最近人気のアミューズメント施設「VRゾーン」では、
現実ではできないようなことを、VR技術を使って体験することができます。

VR ZONE SHINJUKU
国内最大級のVRエンターテインメント施設「VR ZONE SHINJUKU」公式サイト。様々な驚愕体験に思い切り絶叫した後は、フォトジェニックな本格フードがお出迎え!友達みん...

MR

では、この二つを混ぜた「MR」とは何でしょう。

まず、「AR」が進化して、より現実に近い体験が伴うようになるパターン。
例えばキャノンは、目の前の何もないところに車のCGを出現させ、
ボディを持ち上げたり、部品を移動させたりといった体験をすることができる技術を開発しています。

未来が見える!? キヤノンが 画期的「MR(Mixed Reality:複合現実感)システム」を発売|WIRED.jp
キヤノンは、現実世界とCGを融合し、製品設計時の開発期間の短縮を実現する「MR(Mixed Reality:複合現実感)システム」を、2012年7月下旬より発売する。

キヤノン:ソリューション Possible|現実と仮想を融合する -Mixed Realityシステム MREAL-
キヤノン:ソリューション Possible|現実と仮想を融合する -Mixed Realityシステム MREAL-

または、「VR」が進化して、CGの中に現実を埋め込むパターン。
トヨタが主催するイベント「MIXED REALITY LIVE!」は、
スマートフォンを使って見るVR映像の中にアーティストを出現させ、仮想空間の中でのライブを体験できるというものです。

VR空間でアーティストが歌うMR(複合現実)ライブを体験できるトヨタ『MIXED REALITY LIVE!』 収録の舞台裏はこうだった | ガジェット通信
4月22日、トヨタは新型『カローラフィールダー』のデジタル企画として、現実とバーチャルが交錯するMR(Mixed Reality、複合現実)の技術を駆使したライブパフォーマン...

【S5-Style】WORK | COROLLA! presents MIXED REALITY LIVE!
S5-Style Hello world.は、田渕 将吾のポートフォリオサイトです。WORK | COROLLA! presents MIXED REALITY LIVE!のページ

これからMR技術が発展してジャンルなどが細分化されたら、
「AR」も「VR」も全てひっくるめて「MR」と呼ぶ時代になるかもしれません。

マストで知っておきたい項目ですね。

まとめ

いかがでしょう、お分かりいただけたでしょうか?

「MR」の項目が難しかったかもしれないのですが、
「VR」の流行、「AR」の流行を経て、まもなく「MR」元年が来ると言われております。

「MR」まできちんと把握できれば、うっかりボロが出て赤面する事態には、まず陥らないでしょう!
私自身も実際にMR技術を体験できるイベントなどにも参加してみながら、
しっかりとした知識を獲得していきたいと思います!

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

ちゃんそ
マーケティング知識を求めて、インターネットを日々彷徨っています。 天守のある城と、赤のコーラが好きです。

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ