クラウド化とは?

10/17~19、10/24~26、日経 xTECH EXPO 2018・第9回 クラウド コンピューティングEXPO 【秋】へ出展いたします

クラウド化とは?

2016・05・12


クラウド化という言葉を、最近よく聞くようになりました。

閲覧者様の周りでも業務や何やらをクラウドへ、という動きは
あったりなかったりするのではないでしょうか?

今回は大企業を始め、中小企業企業などで、最近進んでいるクラウド化についてご紹介していきます。

クラウド化とは?クラウドサービスを利用すること

一言で「クラウド化とは何か?」ということを説明すると
『インターネットやVPNを通じて外部のクラウドサービスを利用すること。』
ということになるのが最近の流行というか、傾向かな、と思います。

もしくは、サーバなどをインターネットを通じて企業に提供し、
クラウド上のサーバに自社システムを構築し活用することなども「クラウド化」と表現しますね。

従来企業の情報システムは、自社内のサーバなどに構築し、運用・保守を行ってきましたが(オンプレミス型)、
メール・ストレージ・スケジュール管理など様々な面でクラウド化が進んで来ています。

クラウド化とは - IT用語辞典
クラウド化(クラウドマイグレーション)とは、企業の情報システムなどで、自社内にコンピュータを設置して運用してきたシステムを、インターネットやVPNを通じて外部の...

日本国内のクラウド化事情や流行りは?

総務省が発表した平成26年版情報通信白書から国内のクラウド利用などについてのデータをピックアップしてみました。

img002

(出典)総務省「平成25年通信利用動向調査」より作成

まずは国内におけるクラウドサービスの利用状況についてですが、企業の割合は平成 24年末の 28.2%から 33.1%に上昇 一部でもクラウドサービスを利用してい ると回答した企業の割合は33.1%であり、 平成24年末の28.2%から4.9ポイント上昇しており、少しづつクラウド化が進んでいることが分かります。
※平成28年現在では46.9%の企業がクラウドを利用しているという調査結果が出ています。(出典)総務省「平成28年通信利用動向調査」

img003

(出典)総務省「平成25年通信利用動向調査」より作成

またどのようなクラウドサービスを利用しているかというと、「電子メール」は50%と圧倒的に高く、その次に「ファイル管理・データ管理」45.6%という結果が出ています。確かにクラウド化によってインターネットを通じてどこからでもデータにアクセスし、閲覧・使用することができるのは大きなメリットです。

企業がクラウド化をするメリットは2つ

企業がクラウド化をすることで得ることが可能なメリットは次の2つのようなことが、よく知られています。

1、コスト削減が可能
クラウドサービスの利用はネットワークを通してアプリケーションを提供される場合がほとんどなので、似たようなシステムを自社で構築し運用する場合に比べて、サーバーの構築費や管理など設備を保守するコストが軽減されます。
またクラウドサービスはライセンス課金のサービスが多いため、コストが明確になり利用する分だけ契約するといったコストコントロールが容易になります。

2、どこからでもデータの利用が可能
「データをダウンロードするために、経費精算するために・・・会社に戻らないと・・・」
こんな経験ありませんか?
業務に必要な基幹システムをクラウド化することでインターネットに接続できる環境であれば、
どこからでもデータにアクセスし利用することができるようになります。
(※もちろん制限をかけたりといったことも可能です)

例えば

● プレゼン資料や各種画像などコンテンツデータの閲覧・利用
● 経費の精算、スケジュール管理
● 商品や部材など物品の受発注

などが外出先から可能になります。

紙で作成した資料を持ち歩く必要が無いのは当然のこととして、
外に持ち出すノートPCやタブレットにデータを用意するということを忘れてしまっても、
外出先からパッと必要な資料を閲覧したり編集したりすることが出来るのは、
普段から様々な場所に出向いたり、移動が多かったりする業態・ビジネススタイルの方や、
そもそも外回りが多い営業担当者の方にとって便利だと思います。

クラウド化は業務を効率化しレベルUPの機会を増やす

資料やデータの取り扱いなど、効率化を行うためのサービスはクラウド化も含めて、次から次に登場しております。

業務の効率化によって雑用や細かい作業に費やす時間をなるべく少なくすることで、
ビジネスにとって本当に必要なこと、知見を吸収したり、次の企画のための思索にふけったり、ナレッジや刺激を求めてコミュニティに参加して新しい人脈を作ったりなど・・・
そういったことに時間を費やすための時間を増やすことも可能となるでしょう。

企画やマーケティングに時間を費やしたいのに、
細かい業務に手をとられてしまってそんな時間が無い、などというお悩みは多く聞きます。

そうしたお悩みも効率化を行うことで、解決できるのではないでしょうか?
効率化とレベルUPのためのクラウド化。是非一度検討してみては如何かと思います。

弊社では、販促物の管理について総合的にIT化を図り、コスト削減からブランディング、販促の質の向上、そして売上げUPまで実現するために役立つ、販促クラウドサービスをご案内しております。

販促のお悩みに関するご相談、販促支援のご依頼など、お気軽にご連絡下さい!

販促担当者様へ
販促の業務効率化・マネジメントのために
事例・資料のダウンロード

煩雑になりがちな販促の業務の効率化やフローの整理、
コンプライアンスの整備など、販売促進を行う企業様にとって課題は山積みです。
実際に弊社のクラウドサービスを導入いただいた事例をはじめ、
販促の役に立つ資料を無料で公開しております。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

販売促進部
販売促進部です。 販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

『販促クラウド』
導入事例・資料は
こちら

資料一覧

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ