大変だ、「D2C」がやってくる。

11/22(木)なるほど!POPデザイン基礎講座 @東京

大変だ、「D2C」がやってくる。

2017・10・05


最近「D2C」のスタートアップがメキメキと売り上げを伸ばしているんですって。
「D2C」という言葉、ご存知ですか?

D2Cって何?

「D2C」とは「Direct To Consumer」の略です。
メーカーが直で顧客と売買取引するビジネス形態を指します。

販売のチャネルとして「インターネット通販(EC)」がすっかり定着した昨今、
最早、販売チャネルはECのみでも成立する!ということで、
製造から販売まで一貫する企業が増えてきたわけです。

そして、ECの最大のメリット
「初期投資が少ない」
に目を付けたスタートアップが、
最近になってメキメキと成長してきているのです。

D2C企業の実店舗進出

この急成長D2Cスタートアップ企業、
その後どう展開していくのでしょう。

こちらの記事をご覧ください。
完全オーダーメイドのファッションEC「LaFabric」が7.4億円調達 | TechCrunch Japan

この「LaFabric」の例と同様に、
ECで増資した分をリアル店舗の運営に回し、
店舗で実際に目で見て、肌で触れた上でネットで購入する
という流れを作る企業が増えています。

また、大手IT企業によるこのようなオムニチャネルイベントも。
「LINEショッピング」がリアルとWebを繋ぐオトクなイベントを開催。LINEだからこそできるオムニチャネル化|ECのミカタ

天下のAmazonがリアル店舗運営に乗り出したニュースもありました。
Amazon実店舗展開の3つの狙いと日本市場の課題とは? | ebisumart Media

飛ぶ鳥を落とす勢いのD2Cスタートアップ企業が、
巨万の富を持つEC大手企業が、
今後どんどんリアル店舗に進出してくる・・・

多店舗経営をされている企業様にとっては、
非常に懸念すべき事案なのではないでしょうか。

まとめ

オムニチャネルというワードは、
このブログでも繰り返し取り上げています。

D2C企業やEC大手企業の、今あるチャネルの中に実店舗を加えていく動きは、
実店舗を運営するメリットの高さについて改めて考えさせられますね。

そんな実店舗に今後一層求められてくるのは、
・他店に負けないアイキャッチ力
来店時の満足度を高める施策
・集客に繋がるSNS拡散要素の付加

この3点ではないでしょうか。

何を隠そう我々、店舗販促のお手伝いには非常に自信があります。
リアル店舗への進出を考えていらっしゃるD2C企業様
より効果的な販促を考えていらっしゃる多店舗企業様
お気軽にお声かけ下さいませ!

販促担当者様へ
販促の業務効率化・マネジメントのために
事例・資料のダウンロード

煩雑になりがちな販促の業務の効率化やフローの整理、
コンプライアンスの整備など、販売促進を行う企業様にとって課題は山積みです。
実際に弊社のクラウドサービスを導入いただいた事例をはじめ、
販促の役に立つ資料を無料で公開しております。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

販売促進部
販売促進部です。 販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

『販促クラウド』
導入事例・資料は
こちら

資料一覧

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ