インターネット上に蓄積された情報を管理するためのデータマネジメントプラットフォーム | 販促物をラクラク管理 SPinno

インターネット上に蓄積された情報を管理するためのデータマネジメントプラットフォーム

2016・04・27

近年、Webの広告施策のトレンドとして広まり始めたDMP,DSP,SSP…
Web広告やマーケティングに関わる方であれば、一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。
いいサービスなら活用したいけど、実はよくわからない…
という方に今回は「DMPはどんなものか」を書かせていただきます。

DMPって?そもそも何なの??

DMPとは「Data Management Platform(データ マネジメント プラットフォーム)」の略で、
「インターネット上に蓄積された様々な情報データを管理するためのプラットフォーム」と言われています。
様々な情報データはユーザーのデモグラフィック情報や興味関心、購買行動などのことを指します。

2つの情報データ

上記の情報データは大きく2つに分かれます。

①オープンDMP
様々なデータ提供企業が保有している「Webサイト行動履歴」や
「年齢・性別などの属性情報」などのデータを蓄積・管理するプラットフォーム。

②プライベートDMP
自社独自で保有している購買履歴や行動履歴、興味関心、部署などの
マーケティングデータと外部のデータを組み合わせて蓄積・管理をするプラットフォーム

DMPのメリット

DMPを導入することの大きなメリットは「従来のマーケティング施策を効率化」です。
DMPを導入することによって、アクセス解析から得られる細かい情報や
自社の顧客データだけでは取得が難しいオーディエンスデータも活用して、ターゲティングすることが可能になります。
その結果、より細かい属性や単位で行うことが可能になり、より効率的なマーケティング施策を打つことができます。

メリットの項目

  • 様々なデータ統合
  • 大量の情報の加工
  • 高速な処理スピード
  • 結果の分析や課題発見
  • セキュリティ性

の5つが上げられます。

DMP導入検討のポイント

導入までの流れは大きく3つになります。
①DMPを実施する「目的」を決める。
②目的に応じてどんな種類(オープン、プライベート)を導入するか決める。
③①、②の要件を満たすベンダーを選定する。

課題とまとめ

メリットが非常に多い中で素晴らしいシステムに思えますが
企業側でのデータ整備の必要があるため導入の敷居は高いです。
システム面以外でも
・データの取り扱い
・各部署/担当者の連携
・セキュリティー
など様々な乗り越えなくてはならない壁も多いです。

課題は多くありますが今後より活用が進んでいく分野ですので「
最近、マーケティング施策の成果が伸び悩んでる」とお悩みの方は、
是非この機会に全体のマーケティング施策の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している