オリンピックの話題少ない?と思ったらSNS規制が凄い件 | 販促物をラクラク管理 SPinno

SNS

オリンピックの話題少ない?と思ったらSNS規制が凄い件

2016・08・05

※画像はオリンピックとは無関係です。

まもなくリオ五輪が始まるというのに「なんだかやけに静かな気がする。」と思っていたのですが、これが原因かな…?

遠く離れたアメリカの公式スポンサー以外への統制が凄いらしいと聞き、「それなら我々はどこまで書いてよいのだ?」と不安になったので調べてみました。

アメリカではSNSでオリンピックについて書けない。

この件に関して詳しく書いている記事があったのですが、文章が長くて「うっ」となったので、直接、アメリカオリンピック委員会のサイトを見てみました。

すると「なるほどこれか。」という項目が…。

COMMERCIAL
Any use of USOC trademarks by businesses or other commercial entities is prohibited without the express consent of the USOC. The USOC generally reserves the use of USOC trademarks for official Olympic sponsors, suppliers and licensees, for the reasons mentioned here. This includes requests by companies wishing to host an event (seminar, conference, team-building event) with an Olympic or Paralympic theme. Federal law also prohibits the use of OLYMPIC or PARALYMPIC in a company or product name. The prohibition against third-party use of USOC trademarks without the USOC’s permission also applies to other non-profit entities.

DO
Do use USOC trademarks as licensed to you by the USOC if you are an official USOC partner

DON’T
Do not use any USOC trademarks in any form of advertising (e.g., on a website, in social media, etc.) or put USOC trademarks on clothing or other merchandise unless you are an official USOC partner and such use has been approved by the USOC
Do not create your own “version” of any USOC trademarks (whether made from your own logo, triangles, hexagons, soda bottle tops, onion rings, car tires, drink coasters, basketballs, etc.
Do not host an Olympic-or Paralympic-themed contest or team-building event for employees
Do not use OLYMPIC in the name of your company (unless it is a local business on the Olympic Peninsula in Washington state or the company has been operating under that name since before 1950)
Do not use PARALYMPIC or PAN AMERICAN in the name of your company (unless it has been operating under that name since before 1998)
Do not create social media posts that are Olympic themed, that feature Olympic trademarks, that contain Games imagery or congratulate Olympic performance unless you are an official sponsor as specified in the Social Media Section.

U.S. Olympic and Paralympic Brand Usage Guidelines

長い。
「DO」1項目に対し、「DON’T」6項目ありますね。

途中までは「まあそうだよね。」という内容です。
しかし、ラストの広告宣伝のSNSの項目が厳しい。

・ オリンピックを主題にしてSNS記事を作っちゃ駄目ですよ。
・ オリンピックマークについてのSNS記事も作っちゃ駄目ですよ。
・ オリンピックの試合中の写真をつけたSNS記事を作っちゃ駄目ですよ。
・ 試合中の選手の活躍を称賛するようなSNS記事を作っちゃ駄目ですよ。

『公式スポンサーじゃないならね!』

もう何も投稿できないじゃないか…
オリンピック、見なかったことにするしか、ないじゃないか…

ちなみに、オリンピックのグローバルスポンサーになるには、
大体2000億円かかると言われています。

日本ではどうなの?

「日本でもSNSで書いちゃ駄目なのか?」
と思ったので、日本オリンピック協会のオリンピック憲章を見てみました。

JOC - オリンピズム | オリンピック憲章
国際オリンピック委員会(IOC)によって採択されたオリンピズムの根本原則などを成文化したオリンピック憲章は、オリンピックムーブメントの基準やオリンピック競技大会...

SNSについて特記されている項目はないようです。
しいて言うならば「エンブレムを勝手に使っちゃ駄目だし、
パクるのも駄目だよ!」とのことです。

ちなみに、国際オリンピック委員会のガイドラインもチェックしてみました。

長いので全部はご紹介できないのですが、
「個人の感想や感動をSNSに書き込むのは全然OKだけど、
商用利用は駄目だよ!」ということがざっくり書かれていました。

アメリカオリンピック委員会のような細かい事項はなかったですが、
モラル的な意味でのガイドラインがあり「こんなことは書かないでね。」という内容がピックアップされていました。


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している