Twitter新機能「モーメント」を知ってますか? | 販促物をラクラク管理 SPinno

SNS

Twitter新機能「モーメント」を知ってますか?

2016・10・26

昼休憩中にTwitterを眺めていたら、あれ、右端に「モーメント」というタブが出現している。

なんだこれは。

と思ったので、調べてみました。

「モーメント」って何?

「モーメント」とは、どうやら複数のツイートをまとめて記事化する機能らしい。

このモーメント機能は昨年の秋ごろに米国Twitterに実装され、NFLのストリーミング中継などが見れるということで今年の春ぐらいに話題になっていました。

スポーツはツイッターで見る! NFLの試合、ストリーム配信権をツイッターが獲得|GIZMODO
http://www.gizmodo.jp/2016/04/twitter_nfltwitter.html

機能としては別に動画ストリーミング機能というわけではなくて、特定の記事やキャンペーンについてTwitter内で「まとめ」を作成するようなもののようです。

上の事例では、Twitter独自のNFLの放送チャンネルのような使い方として「モーメント」が活用されたみたいですね。

TwitterのTLは情報の流れが速く、あらゆるものがどんどん流れていってしまうので、

特定の情報のみを見たい場合に便利な機能のようです。

Twiiterのまとめサービスとしては「Toggetter」や各種まとめ系メディアがありますが、Twitter内に直接「まとめ」を作れるということで、

そうしたメディアは「モーメント」をまとめるメディアに変わっていくかも知れません・

使い方

割と簡単でした。
PC画面からのみ作成可能なようです。

① Twitterプロフィール画面ヘッダー下のタブ右端の「モーメント」を開く。
②「モーメント」画面右側の「モーメントを作成」をクリック。
③ 記事タイトルと、補足説明をいれる。
④ 記事のカバー写真を選ぶ。
(記事内のツイートから画像を選べるので、最後に設定するのがおすすめです。)
⑤ まとめたいツイートを検索し、右上のチェックマークにチェックを入れる。
⑥ 右上の「モーメントを公開」をクリックで完了。

※ 左上の「・・・その他」を開いて「モーメントの限定公開用のリンクを表示」をクリックすると、プレビューが見れます。
※ 同じく「・・・その他」から、位置情報の公開/非公開や、不適切記事の設定が出来ます。

記事の検索がちょっと面倒ではありますが、複雑な作業ではなかったです。

モーメント記事の閲覧については、まだ日本ではタブが実装されていないようです。
近いうちに公開予定とのこと。

活用事例など

既に米国でのリリース、ユーザーリリース、日本での試験運用も経ているので、調べればいくつかの活用事例など探せそうですね。

7月ごろに、16社の実験参加が行われていました。

img02
(参照:Twitter モーメント (@MomentsJapan) のご紹介 | Twitter Blogs

 

例えば朝日新聞スポ-ツのツイッターではスポーツに関しての大きなニュースをモーメントで、まとめ記事にしているようです。

現在でもモーメントはガンガン活用されております。

最近だと25年ぶりに広島カープがセ・リーグ優勝を達成しましたが、写真まとめが作られています。

PC上でみると、下記のような感じで、Tweetが一連の記事のように並んでいるUIになっています。

img03
参照:朝日新聞スポーツ(@asahi_sports)「祝!カープ優勝 みんな球児だった」

今年の初めのほうに流行りだした「note」にちょっと近いかもしれませんね。

使い方なんかもある意味、気軽に「自分流まとめ」を作れるというところが似ています。

 まとめ

こういったSNSの新機能は、認知が広がる前に、いかにマスターしておくかが重要ではないでしょうか。

まだ、多分、一般には知られていません…!

今のうちに運用計画を練りましょう!


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している