【レポート】販促クラウドSPinnoがクラウドサービス認定機構から認定を受けました。 | 販促物をラクラク管理 SPinno

【レポート】販促クラウドSPinnoがクラウドサービス認定機構から認定を受けました。

2016・11・17

11月11日に「第3回 2016年度クラウドサービス認定式」に参加し、
弊社クラウドサービスの「SPinno」が認定証と楯を頂きました。

クラウドサービス推進機構(CSPA)により認定 | 株式会社SPinno

第3回 2016年度クラウドサービス認定式では弊社、
販促クラウドサービス『SPinno』を含めて12個のサービスが認定され、
これまでのものと合計して26個のサービスが認定されました。

img01
出典:一般社団法人クラウドサービス推進機構

クラウドサービス認定プログラムとは、
一般社団法⼈ クラウドサービス推進機構(CSPA)が、
中⼩企業の経営を支える基盤として、
良質なクラウドアプリケーションサービスのビジネス活用を推進するプログラムです。

「クラウドサービス認定プログラム」の公募をおこない、
中⼩企業が安全に、そして安心して持続的に
ビジネスで活⽤できるクラウドサービスの要件を定めた審査ガイドラインに沿って、
厳正に審査をおこない、
審査基準をクリアしたサービスが認定されています。

審査に際しては、次の7 つの視点から、クラウドサービスを評価しています。

(1) 経営の視点
(2) 運用の視点
(3) SLA の視点
(4) 技術の視点
(5) 取引条件の整備状況
(6) サービス体制
(7) その他、経営基盤、人材、実績など

今回の認定は、SPinnoが中⼩企業に安全に、
そして安心して持続的にビジネスで活用できるクラウドサービスであると認められたことを意味しています。

当日の認定式の内容は下記のようになっております。

「第3回クラウドサービス認定式」

(1) 主催者挨拶
(2) 来賓挨拶
(3) 審査委員長総評
(4) 認定証・楯の授与
(5) 交流会

上記内容ですが一般社団法⼈ クラウドサービス推進機構(CSPA)の認定プログラムの概要や意図を
主催者から改めて話して頂き、認定証と楯を頂きました。
交流会では認められた12個のサービスを代表する方々とお互いのサービスこれからの方向性など、ざっくばらんに話す機会を頂きました。

これから中小企業向けに事業を拡大していく上でコラボできる新しい仲間を見つけるなど、非常に有意義な時間でした。

一般社団法⼈ クラウドサービス推進機構(CSPA)について詳しく知りたい方は
下記URLよりご覧ください。
一般社団法⼈ クラウドサービス推進機構(CSPA)


販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している