お問い合わせ
03-4405-0898
平日10:00~18:00

今使っているシステムの切り替えに伴い販促業務を改善した例

2022・02・28

販促クラウドSPinnoは、お客様の販促業務に関するDX推進を支援しております。

お客様の中には、既に販促業務にシステムを利用されていても、システムの機能や活用状況に課題がある、またコロナ禍もあり業務フローや対応範囲が変わってシステムが合わない、そもそもシステムがサポート切れになる等、システムの切り替えを検討されている、といったケースもあります。

システムの切り替えを契機に課題を解決したり、現状の現状の業務を改善した例を2つご紹介いたします。

営業活動に合わせ展開ツール・アイテムを拡大

A社様では、年に数回、お客様へ配布するノベルティをシステム上で運用管理していました。しかし、既存のシステム上では、登録できるノベルティの種類やデザインが少なく、営業の方の利用頻度も低く、使われないシステムになっていました。

【解決】

システムの切り替えに伴い、営業活動で利用するツールのヒアリング、本部への問い合わせが多いアイテムなど、これまでの情報を整理され、システム上に掲載するツールやアイテムの見直しを行われました。

  • ノベルティ以外に、一緒に活用することが多いパンフレット、のぼり、カレンダーなどの販促ツールもシステムに掲載
  • 使えるツールを画像でも確認できるようにして、わかりやすくした
  • 推奨のデザインテンプレートを用意。現場が、お客様にあったデザインを選び、エクセルやパワーポイントで自作しなくてよい状態に

いま、どんなツールやアイテムが使えるのか?をシステム上で把握ができることで、営業の活用が進み、また、“これある?”といった本部への問い合わせも減少し、工数削減も実現されています。

システム上で対応する業務フローの範囲を拡大

B社様では、店頭で使用しているチラシ、ポスターなどの販促物のデータを共有し、各現場でダウンロードできるシステムをご利用でした。しかしダウンロードを行う機能しかなく、倉庫への出荷依頼や、制作の依頼は、都度本部にメールや電話で確認する必要がありました。本部は依頼を取りまとめ、倉庫や制作会社に依頼、進捗を確認、現場への連絡を一手に対応されていました。

【解決】

システムの切り替えにともない、データのダウンロードだけではなく、申請や承認業務もシステムで実施することで、業務の効率化や進捗の見える化を進められました。

  • 申請フォームやメール、電話での依頼は受け付けないルールに変更
  • システム上で、ツールやアイテムを選択し申請>上司へ承認依頼>本部承認のフローを構築
  • 制作会社や倉庫にも、システム参加してもらい、システムで発注依頼も対応
  • 本部はシステム上で、申請内容を確認し承認をするだけとなり、制作会社への依頼もシステム経由となり、手配や調整の作業が大幅に削減
  • どのデータのダウンロードが人気があるかなどのログデータも取得でき、利用状況の把握も可能に

コロナ禍でリモートワークも進み、これまでの業務フローでは対応が難しくなっていた中で、システムでの業務実施範囲の拡大に踏み切られ、ルールを整備してシステム経由での対応を進められ、改善や効果を実感されています。

【販促クラウドSPinnoの特徴について】

販促クラウドSPinnoには、下記のような特徴がございます。

1.過去に作成されたデザインデータが共有され、ネット上で編集できます。
2.配置する商品画像や情報、その他イラスト等を正規素材として格納できます。
3.制作したデザインは状況に応じ印刷発注もネット上で行えます。
4.各営業で制作されたデザインは管理サイトでログが残り効果検証ができます。
5.景品表示法・薬記法などのNGワードは機械的に自動チェックができます。

いかがでしたでしょうか。

販促クラウドSPinnoでは、既に別のシステムをご利用されているお客様にも、よりよい販促業務の改善をご提案しております。
お客様専任の<カスタマーサクセス>担当者が、システムの設定、現場への導入展開から運用までをサポート。
お客様のシステム導入目的や目標を共有しながら、改善や効率化の達成にむけて伴走します。

まずはお気軽に資料をご請求ください。

 販促クラウドSPinnoの資料請求はこちら

販促の業務についてお役立ち資料!

セミナー情報

詳しく話を聞きたい

サービスについて詳しく知りたい

販促物の管理・DXについて
お気軽にご相談ください。

SPinnoの詳細がわかる資料をお配りしています

お電話でも承ります。お気軽にご連絡ください

03-4405-0898
平日:10:00~18:00