販促予算・コストが把握しにくい | SPinnoはこんな声をカタチにしています。

SPinno 詳しい資料のお申し込みはこちら!

ホーム>販促予算・コストが把握しにくい

販促の現場でよくある課題「販促物にかかった費用やコストがわからない」を解決

主な原因

現場が個別に製作会社へ依頼している販促物や、内製をしている販促費用の把握がしにくい

 現場が個別に製作会社へ依頼している販促物や、内製をしている販促費用の把握がしにくい

現場(店舗の担当者や営業マン)も製作会社などに販促物の発注を行う場合、 かかったコストを把握することが容易ではありません。
また営業所や店舗で内製している場合も、トナーや紙代など各種の費用が、
どの販促物にどの程度かかっているのか知ることがなかなか難しいでしょう。

発注手段が電話・メールと、バラバラであるためにデータをまとめることが極めて困難

発注手段が電話・メールと、バラバラであるためにデータをまとめることが極めて困難

Aの営業所からはメールとエクセルで。Bの営業所からはFAXで。Cの担当者からは電話で。 このようにバラバラと依頼や発注を受けつけていてはデータのとりまとめや整理だけで勤務時間が終わってしまいます。 (※こうした状態は→業務フローが煩雑になり労働環境の悪化にも)

解決

既存の製作会社もシステムにジョインさせることが可能。
簡単な発注フローで内製する必要がなく、SPinno上で各店舗の行動を把握できる!

SPinno上でログが取れるのでID毎の販促費用の確認も簡単に行える!

全ての製作物をチェックするには膨大な時間が掛かってしまう

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ