業務フローが非効率となっている(労務環境の悪化) | SPinnoはこんな声をカタチにしています。

SPinno 詳しい資料のお申し込みはこちら!

ホーム>業務フローが非効率となっている(労務環境の悪化)

販促の現場でよくある課題「業務フローが非効率となっている(労務環境の悪化)」を解決

主な原因

何をするにも手数の多い複雑なフローを踏む必要があり、時間がかかる。

何をするにも手数の多い複雑なフローを踏む必要があり、時間がかかる。

普段の業務で販促物を発注する際の業務フローを思い浮かべてください。
電話・メール・エクセルにワード、PDFやPSDなどのグラフィックデータなど、
あらゆるデータや用件を色々な経路で多くの人々とのやりとりを行う煩雑な業務フローになっていませんか?
(※現場のデータ管理ができていない、なども→「デザインデータの共有・管理ができていない」

販促物に関わる確認事項が多いうえに、複数ツールを用いた運用で必要以上に手間がかかる。

販促物に関わる確認事項が多いうえに、複数ツールを用いた運用で必要以上に手間がかかる。

販促物は、企画し製作を依頼・発注・納品までの過程で多くの確認事項が発生します。
特にメーカー・多店舗展開の企業においては企業イメージを守りつつ(「現場の販促についてコンプライアンス管理が不安」
様々な業務をこなしながら案件を進めなければなりません。

解決

クラウド上にフローを構築することで、手数を削減し、業務にかかる時間を改善!

分散しているツールを一つにして、かつ見える化することが可能!

全ての製作物をチェックするには膨大な時間が掛かってしまう

社内の各部署、担当者、デザイン会社、印刷会社、倉庫、店舗・現場、そして承認者。
業務フローに関わる、各セクションをシンプルにつないでスムーズな流れを構築することが業務効率化につながります!

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ