セミナーは本当に行く意味があるのか!? | 販促物をラクラク管理 SPinno

セミナーは本当に行く意味があるのか!?

2016・07・06

こんにちは。【それ販】の編集部のしゅーへいです。
皆さんはセミナーに普段行きますでしょうか。
セミナーと言っても説明を聞くだけ・相談をする・体験できるなど様々な形式のセミナーがあります。

最近、私もセミナーに行く機会があったのでセミナーに行って感じたことなどを今回はまとめたいと思います。

参加したセミナー

今回私が参加したセミナーはインサイドセールスの役割について解説してもらうものでした。インサイドセールスとはマーケティング部と営業部のスムーズな連携を取る上で、顧客との連絡や育成を行う部署です。

また、プログラムとしては大きく下記4つでした。

プログラム

  • インサイドセールス導入のメリット
  • 営業効率化の実績
  • インサイドセールス導入の方法
  • インサイドセールスの役割

セミナーに参加したメリット

セミナーに参加したメリットは大きく3点あったと感じました。

①知識を付けることができる

元々今回参加した理由は「インサイドセールス?何それおいしいの?」とインサイドセールスについて無知だったからです。
具体的な役割やメリットなどを知れたのは大きなメリットでした。

②参加者と繋がりができる

今回参加したセミナーでは話の区切りが良いときに「隣の人と感想をシェアしてください。」といった隣の参加者と話す機会がありました。
違う会社の参加者と話すことによって他社の悩みや現状などを知ることができました。
普段仕事をしていると他社の人と話す機会も中々無いので、とても貴重な時間でした。

③勉強した満足感

これはおまけみたいなものですが、、、

社会人になると勉強する機会がごっそり減ってしまいます。
学生のときみたいに平日に机に座って話を聞いたり、勉強する機会がありません。
だから、今回は平日にセミナーに参加して机に座って勉強をするのが、とても新鮮で良い気分転換になりました。

課題とまとめ

いかがでしょうか。
セミナーに参加すると普段仕事してるだけでは学べない点が多々あります。
参加したことが無い人はこれを機会に一度参加してみてはいかがでしょうか。

また、参加する際ですが「自分にとってどういった目的・メリットがあるのか」を考えた上で参加することをお勧めします。
目的が「参加する」だけだと内容が頭に入らなかったり、時間を浪費した感覚になるためお気をつけください。

ちなみに、弊社でもセミナーを行っております。
もし目的とメリットがマッチするテーマがございましたら、
お気軽にお越し下さいませ!

セミナー一覧 | 現場・店舗の販促を助ける、見える化する。クラウドサービス「SPinno」
販促に関連するセミナーを定期的に開催しております。販促を助けるクラウドプラットフォームのSPinno。事例やデータを交えてご紹介させて頂きます

販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している