MFI(モバイルファーストインデックス)は大丈夫?

MFI(モバイルファーストインデックス)は大丈夫?

2018・11・29


モバイル・ファースト・インデックスって

MFI(モバイル・ファースト・インデックス)についてご存知でしょうか?

モバイル ファースト インデックスを開始します
Google フレンドリーなサイト制作・運営に関するウェブマスター向け公式情報

2018年3月27日にGoogleが移行開始を発表した検索エンジンについての重要な施策の一つです。

モバイル(スマホ)向けのページが検索エンジンの評価対象に

WEBサイトをインターネットで探す際に、Googleの検索エンジン等を利用する方がほとんどだと思います

そのGoogle検索エンジンにおいて、WEBサイトが検索の結果に表示されるようになることを「インデックス」される、という風に言ったりするのですがインデックスされると検索エンジンからの「評価」が与えられ、それによってwebサイトが表示される検索順に影響が出たりします。

この「インデックス」はこれまではPC向けページが主たる対象だったのですが、順次モバイル向けのページが対象になるように切り替わっていく運用がGoogleによって行われています。

わかりやすく言い換えると

web検索順位の評価の対象

PC向けページ→モバイル向けページになっていく(もしくはなっている)

これがMFI、モバイルファーストインデックスの要旨です。

モバイルファーストインデックスのポイント

では、MFIにはどういったことを気をつけるといいのでしょうか?
ここでは大雑把に気をつけるべきポイントをしぼって3点にまとめてみました

①まずは確認をしましょう

・サイトごとにMFIは適用
MFIはサイトごとに順次適用されていくことになっています。
自社のサイトに既にモバイル向けの対応がされている場合はもちろん、そうでなくとも一度確認してみましょう

・メールが届いているか
MFIが適用されるサイトにはサーチコンソールよりメールが届いています。
立ち上げたばかりのサイトや、最近サーチコンソールを導入した、という場合にも届くのかは不明ですが、以前より運営されていたサイトでサーチコンソールを導入している場合は、このメールの有無で簡単に確認できるかと思います。

・Google Bot をチェック
サーバーのアクセスログを確認できる場合は、Google botのアクセスを確認してみましょう。
Google botにはPC版とスマホ版があり、スマートフォン版のアクセスが多ければMFIが適用されているとみれます。
(下図↓ https://support.google.com/webmasters/answer/1061943?hl=ja

②スマホ向けのwebサイトは用意されていますか?

自社のサイトが実際にスマホ向けのコンテンツやデザインが用意されているのか、用意されているのであれば、どういった形態をとっているのか確認しましょう。

主に下記の3パターンのどれかのはずです。

・レスポンシブWEBデザイン
・スマホ向けのテンプレートやCSSを用意している
・スマホ向けで別のURL・ページを用意している

③必要なら最適な状態に修正しましょう。

自社のWEBサイトのスマホ対策の状況に合った、施策を行いましょう。
そのために役立つ数点のツールやアイデアが下記です。

・サーチコンソール[モバイルユーザビリティ]
Googleのモバイルフレンドリーを基準にした検証を、サーチコンソールのレポートで確認できます。

・HTML内にあるviewportの指定を確認する。

・スマホ向けに別のテンプレートやページを用意している場合は、
それらのHTMLのmetaタグや、記述されているテキストが、検索エンジンが評価できる内容になっているか。

・canonical属性やalternate属性

 

上記の内容に加え、実際にスマホで閲覧したときの便利さやコンテンツの見え方、さらには表示の速度など、他にも様々な点について確認し、モバイルフレンドリーなwebサイトに仕上げることで、MFIになってからも、従来のサイトと同じようにGoogleからの評価を受けることができるかと思います。

↓こちらの記事で紹介している書籍ではMFIのほかにも、webサイトのSEOに重要なポイントが沢山書かれているのでオススメです。

WEBの検索順位やSEOというもの
今回の記事は、書籍の紹介をさせていただきます。いちばんやさしい新しいSEOの教本 第2版 (株式会社インプレス)著者:安川洋、江沢真紀、村山佑介自社のサービスの販...

 

 

販売促進部

販売促進部です。
販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

販促担当者様へ
販促の業務効率化・マネジメントのために
事例・資料のダウンロード

煩雑になりがちな販促の業務の効率化やフローの整理、
コンプライアンスの整備など、販売促進を行う企業様にとって課題は山積みです。
実際に弊社のクラウドサービスを導入いただいた事例をはじめ、
販促の役に立つ資料を無料で公開しております。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

『販促クラウド』
導入事例・資料は
こちら

資料一覧

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ