Z世代って何?特長は?ミレニアル世代との違いは?

11/22(木)なるほど!POPデザイン基礎講座 @東京

Z世代って何?特長は?ミレニアル世代との違いは?

2017・10・24


ミレニアル世代について、以前まとめました。

『ミレニアル世代』の好きな100ブランド
2000年以降に成人を迎えた世代を『ミレニアル世代』と呼びます。日本では政治上の都合で『ゆとり世代』なんて呼ばれていますね。(ちなみに筆者も該当します。)それま...

月日が経つのは早いもので、
2000年生まれの子がもう18歳になろうとしています・・・

ネクストジェネレーションにはどんな呼び名がついているか知ってますか?
それが、「Z世代」です。

Z世代の概要

アメリカで1960年~1974年生まれを「X世代」と名付けられたことに始まり、
その後の1975~1990年代前半生まれが「Y世代」
1990年代後半~2000年生まれが「Z世代」と呼ばれています。

この中で「Y世代」「ミレニアル世代」とも呼ばれています。

今まではこの「Y世代」と「Z世代」をひっくるめて考え、
「ミレニアル世代」と言うワードでくくっている節がありました。

ミレニアル世代は、生まれた時からインターネットに親しんでいるということから、
他の世代と嗜好性などが大きく異なるのではと考えられ、
過去例に見ない程にマーケティング調査をされた層です。

そして、その調査が進んだ結果、
ミレニアル世代の中でも更に特徴的な要素が見受けられ、
新たに区別がなされたのが1990年代後半以降生まれの「Z世代」です。

Z世代の特徴

主に以下のような特徴があります。

● デジタルネイティブである。
● プライバシー保護の意識が高い。
● 音楽をオンラインで大量に消費する。
● ブランドではなく本質に価値基準を置く。
● オンタイムで仲間とコミュニケーションをとる。
● 企業家精神が旺盛。
● 9.11を経験しているため、社会課題への意識が高い。

まとめると、インターネットを使ったオーディエンスの増幅情報取得能力が極めて高く、そのノウハウに精通しているが故に、タイミングとセグメンテーションに非常に敏感な層だ、ということが言えます。

そして、上述の特長によって、個々人が拡散力を持つインフルエンサーである可能性が高いということも言えますね。

Z世代への期待

先ほど述べたように、高い能力を備えているとされるZ世代は、
若くして会社経営を行っているという例も多く、
彼ら自身がいかにして、彼らを含むZ世代の購買欲をコントロールするのか、その手腕に注目が集まっています。

世界の10代起業家たちに見る「Z世代」の勢いと可能性 | AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
勢いあるZ世代の登場、これからは「普通の10代」が少なくなる? 10代の頃、何を考えどんな生活を送っていただろうか。ほとんどのひとは、中学・高校での勉強や部活、そ...

また、この世代は全世界に20億人存在すると言われており、
極めて高い購買力を持つとされています。

米国では人口の26%をZ世代が占め、440億ドル(4兆円以上)の購買力が既にあるとか。

参考:
「Z世代」について知っておくべき5つのこと | DIGIDAY[日本版] | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準
サヨナラ、ミレニアル:台頭するZ世代向けエージェンシー | DIGIDAY[日本版]
世界の10代起業家たちに見る「Z世代」の勢いと可能性 | AMP[アンプ] – ビジネスインスピレーションメディア
X 世代(Generation X)や Y 世代、Z 世代とは誰のこと? – スピード翻訳 by GMO オフィシャルブログ

まとめ

いかがでしょう。
ミレニアル世代と全く異なる「Z世代」、
ご理解いただけたでしょうか。

まとめてみると、今後彼らを含む新しい消費者に対して、
いかにオンラインでアプローチする必要性が高いかが分かりますね。

SNSやデジタル広告を活用するだけでなく、
オフラインとオンラインを繋ぐ取り組みが必要になってきそうです。

「Z世代との付き合い方が分からない!」などのお悩みから、
販促に関するご相談、販促支援のご依頼まで、お気軽にご連絡下さい!

販促担当者様へ
販促の業務効率化・マネジメントのために
事例・資料のダウンロード

煩雑になりがちな販促の業務の効率化やフローの整理、
コンプライアンスの整備など、販売促進を行う企業様にとって課題は山積みです。
実際に弊社のクラウドサービスを導入いただいた事例をはじめ、
販促の役に立つ資料を無料で公開しております。

こんな声をカタチにしています

業務上のやりとりを『ラクにしたい』

現場で作られている販促物を『把握したい』

在庫ロス・廃棄コストを『減らしたい』

販促物の設置率を『UPさせたい』

みんなが使える販促クラウド

販売促進部
販売促進部です。 販促やマーケティング・ブランディングなどの様々な情報について、まとめ&発信を行っています

『販促クラウド』
導入事例・資料は
こちら

資料一覧

是非一度ご連絡下さい

SPinnoを知る

販促を学ぶ