小売店の提案型販促活動を支援する「トクオシ」提供開始

小売店の提案型販促活動を支援する「トクオシ」提供開始

2019・04・09


生活者の買い物における“選ぶ・考える”の煩わしさを解消

チラシ・特売情報提供サービス「トクバイ」を運営する株式会社トクバイ(本社:東京都渋谷区)は、「トクバイ 」サービス利用企業向けに、小売店の提案型販促活動を支援する「トクオシ」の提供を2019年3月に開始した。

「トクオシ」概略図

 

「トクオシ」とは、サービス利用企業の販促活動を支援する情報コンテンツで、買い物における現代社会特有の生活者ニーズを捉えた内容となっている。生活者の買い物満足度を高め、サービス利用企業の効果的な販促施策の展開をサポートする。
まずは、店頭や店舗Webサイト・アプリで利用できる“時短・簡単・節約”がテーマの「トクオシレシピカード」を提供。旬の食材やトレンドを記載した「トクバイ 販促情報」とあわせて提供することで、レシピカード活用の最適なタイミングを提案する。

厚生労働省の平成29年「国民生活基礎調査」によると、共働き世帯は1,100万世帯を超え、今後も増加が見込まれる。このことからも、家事にかけられる時間は減少傾向にあるといわれている。トクバイでは、今回の「トクオシ」提供開始にあたり、「買い物情報として求めることは何か」について生活者に意識調査を実施した(詳細後述)。結果、「まとめ買いした食材の保存方法」や「時間もお金も節約できるレシピ」、「食材使い切りレシピ」が上位となり、生活者は買い物に効率さとおトクさを求めるということがわかった。そんな生活者のニーズを「トクオシ」に反映させ、小売店の販促活動に寄与していく。

さらに今後は、生活者に向けて、食材の使い切りコラムや、生活用品の商品比較・評価コラムなど、料理に限らず生活領域全般のコンテンツを順次提供していく予定だ。「今日の献立は何にしよう」、「どの商品を購入しよう」といった、生活者の買い物における「選ぶ・考える」手間を省き、購買意欲の後押しにつなげていく。

「トクオシ」コンテンツ詳細

トクオシレシピカード

食材2つだけで作ることができるレシピを開発した。調理の時短にも節約にもつながるレシピとなっている。

毎月新作レシピを提供。提供されたレシピはコンテンツ内にストックされ、新旧全てのレシピを継続して利用できる。(現在のストックレシピ数は約500レシピ)

レシピデータは、印刷して店頭で配布や掲示することはもちろん、店舗Webサイト・アプリにてコンテンツとしての活用も可能だ。

トクバイ販促情報

「トクオシレシピカード」の選定の裏付けとなった、週ごとの旬食材やトレンド情報をあわせて提供する。

参考調査

折込チラシの削減を含む販促最適化支援を行うトクバイの「チラシ最適化研究所」による「買い物情報として望ましいこと」の意識調査。
対象:20−69歳の折込/Webチラシ利用女性 2,500名(利用状況は未既婚・都道府県を国勢調査に準拠して回収)

トクバイとは

2013年にスタートした、スーパーマーケットなど小売店のチラシ・特売情報を掲載しているWebサービス・アプリ。パソコン・スマートフォンから無料で情報の閲覧が可能。
情報掲載店舗数は49,000店舗以上*で、20〜50代の女性に多く利用されている。
トクバイでは、「買い物を、かしこく、たのしく」することを目指し、スーパーマーケットに加え、ドラッグストア、ホームセンター、均一ショップ、家電量販店など日常の買い物で利用する店舗の情報を多数掲載している。(*2019年3月末現在)

<関連リンク>
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000013.000023072.html

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している