新しいOOH 広告マーケティングの新提案「遊べる印刷広告」

新しいOOH 広告マーケティングの新提案「遊べる印刷広告」

2019・03・07


「あっ!」と驚く印刷技術で印刷をもっとおもしろく。を企業理念とする株式会社 SO-KEN(ソウケン)(本社:大阪府箕面市、代表取締役:浅尾孝司)は、「フラッシュプリント(フラッシュ撮影 ON・OFF で異なる表現ができる印刷手法)」で新しい広告マーケティング手法として「遊べる印刷広告」を新たに提案する。

広告・販促・プロモーションに提案する 3 つの「遊べる印刷広告」

1.変化後やストーリーで楽しませる「体感型未来予測広告」

例えば・・・
・建設前から建設後のような「完成前」から「完成後」の表現
・進化を伝える「何年前」から「何年後」の表現
・効果をあらわすような「使用前」から「使用後」の表現

2.選択して楽しませる「体感クイズ型広告」

例えば・・・
・心理テストを絡めた企業広告のサイン&ディスプレイ
・心理クイズを絡めた商業施設での連貼りポスター選択ゲーム

3.空想上の変身やオバケ、超能力やマジックなどの「不思議な表現を伴う広告」

フラッシュプリントは、フラッシュのON・OFFの切り替えで見えないものが写る心象を与えるため、下記のようなイメージ表現にマッチしている。

例えば・・・
・レントゲン・エックス線のような「透けて見える表現を伴う広告」
・オバケ・妖怪のような「写ってしまう表現を伴う広告」
・マジック、超能力、透視などのような「不思議な現象表現をともなう広告」
・変身や合体などの「チェンジング表現を伴う広告」

どんな世代でも楽しめる

「フラッシュプリント」はアプリをインストールすることなく手軽に体験できるため、 IT 機器があまり得意でない世代でも楽しむことができる。

低コストでの導入

連貼り広告の一部としても、または大判サインの部分貼りとしてもギミックの活用が出来るので 低コストでの導入が可能だ。

SNS 拡散の導線に

集客や話題力をアップさせるために、SNS 世代へのアプローチとして企業は ハッシュタグを絡めたキャンペーンなどを行う。しかしユーザーにとっては意外とキャンペ ーンに対する SNS の投稿がわずらわしいもの・・・フラッシュプリントなら、スマホを使って撮影、写真も保存され体感したことを人に伝えたくな るから SNS の導線として最適だ。

QR コード読み取りの導線に

Web サイトへの誘導に QR コードを読み取ってもらうが、ユーザーにとっては 時にわずらわしく感じる。 フラッシュプリントはスマホを使うので、取り出したスマホを使いそのまま QR コードを読み取る導線としても期待される。

フラッシュプリントとは?

フラッシュプリントは、通常時とフラッシュ撮影時の二面性を表現できるインクジェット印刷。フラッシュ撮 影時にしか見れない驚きの写真体験を提供することができる。

<関連リンク>
https://www.value-press.com/pressrelease/216944

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している