マーケティング×販促×デジタルの横断プロジェクトチーム「SP EXPERT’S(TM)」が本格始動

マーケティング×販促×デジタルの横断プロジェクトチーム「SP EXPERT’S(TM)」が本格始動

2019・01・21


株式会社博報堂DYメディアパートナーズ、株式会社博報堂、株式会社博報堂プロダクツ、デジタル・アドバタイジング・コンソーシアム株式会社、株式会社博報堂DYデジタルは、販促領域のデジタル施策を一気通貫で支援するプロジェクトチーム「SP EXPERT’S(TM)」を組成し、2019年1月より本格始動した。

昨今の様々なプラットフォーマーの出現とデジタルテクノロジーの進化により、リアルの場でのデータ取得が可能となっている。また、リアル店舗でもデジタル化が進み、リアルとデジタルの垣根がなくなりつつある。今後、リアルの行動もデジタルと同様のデータで扱うOMO(Online Merge Offline)時代が到来することが予測され、リアル接点データを基点としたマーケティングが可能となる。

博報堂DYグループは、OMO時代に向けて販促市場のデジタル化に着目。広告から販促までシームレスなデジタルマーケティングを推進していくためのグループ横断のプロジェクトとして「SP EXPERT’S(TM)」を組成した。

「SP EXPERT’S(TM)」は、マーケティング・販促・デジタルそれぞれの専門的な知見を持った人材が集結。マーケティング戦略からデジタルソリューション開発、販促キャンペーンに伴う個人情報管理や事務局対応するなど、それぞれが分断されないマーケティングが実現可能となる。

今後、販促領域のプラットフォーマーと協業し、様々なソリューションの開発やプロモーション活動の推進を行い、あらゆる形で企業のマーケティング活動を支援していく。

*出典:JPM(日本プロモーショナル・マーケティング協会)

<関連リンク>
https://www.dac.co.jp/press/2019/20190116_sp-experts

※本記事は掲載時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。

販促業務を支援するためのクラウドサービス「SPinno」

こんなことはありませんか?

  • 販促物の在庫ロス が発生している

  • 業務フローが非効率で 労務環境が悪化している

  • デザインデータの 共有・管理ができない

  • 販促予算・コストの 把握がしづらい

  • 現場主導の販促活動は コンプライアンス管理が不安

費財メーカー・流通小売・多店舗展開企業など、
幅広くご導入いただいております

SPinno 概要資料

【こんな方にオススメ】
・販促業務に携わっている
・販促、コンプライアンスチェックにかかるコストを削減したい
・データ管理ができる発注ツールを探している